CDドライブが開かない原因や修理方法を分かりやすく解説

NO54・CDドライブが開かない原因や修理方法を分かりやすく解説

パソコンのCDドライブが開かない場合、どうしたらいいのでしょうか?今回は、CDドライブが開かない原因と修理方法を解説していきます。

 

■CDドライブが開かない原因

CDドライブが開かない原因は、主に以下の3つです。

 

・ソフトウェアのロック

・ドライブのロック

・ドライブの故障

 

それぞれを見ていきましょう。

 

◇ソフトウェアのロック

これはCDを挿入しているときによくあるケースですが、ソフトウェアがドライブをロックしてしまい、それによってCDドライブが開かないことがあります。

 

ソフトウェアがCDドライブをロックしている場合、以下の手順でドライブを開けることができます。

 

  1. スタートからコンピューターを選択
  2. コンピューターからCDドライブを右クリック
  3. 一覧から取り出しを選択

 

基本的にこの操作でCDドライブが開くので、イジェクトボタンを押しても反応しないときに試してみましょう。

 

◇CDドライブのロック

CDドライブ自体にロックがかかっていると、イジェクトボタンを押してもCDドライブが開きません。

 

この場合、以下の手順で強制的にCDドライブを開くことができます。

 

  1. イジェクトボタン周辺にある小さな穴を探す
  2. 針金など細いもので穴を突く
  3. ロックが解除されたら手動でCDドライブを引っ張り出す

 

ノートパソコンの場合も、同じ方法でCDドライブを強制的に開くことができます。

 

◇ドライブの故障

CDドライブが故障していると、パソコン操作とイジェクトボタンの両方の操作に反応しないため、CDドライブが開きません。

 

CDドライブは様々なパーツで構成されているので、故障している部分を探すのは大変です。

 

しかし、一般的によくあるのが、CDドライブが開閉するために重要な役割を担っているプーリーベルトの緩みです。プーリーベルトの緩みを自分で直すのは難しいため、修理に出すことを検討してみてください。

 

■WindowsのCDドライブが開かない原因

WindowsでCDドライブが開かない原因も、上記で紹介した内容と同じです。

 

・ソフトウェアのロック

・ドライブのロック

・ドライブの故障

 

ソフトウェアが読み書きしている場合はロックされて開かないことがあるので、「コンピューター」→「CDドライブ」から開くかどうかを試してみてください。

 

◇再起動をしてみる

Windowsは、エラーによって様々なトラブルが起こることがありますが、大抵は再起動で対応できます。

 

何が原因でCDドライブが開かないのか分からない場合でも、再起動するとあっさり解決できることがあります。

 

■CDドライブが開かなかったら自分で修理できる?

CDドライブの故障は、自分で修理するのが難しいです。

 

自作パソコンなら対応しやすいですが、メーカーパソコンはパーツの規格も様々なので修理に出す方が良いでしょう。

 

◇パソコンの寿命も疑おう

パソコンは寿命があります。何をやってもCDドライブが反応しないなら、故障している可能性が高いです。

 

この場合、大抵は故障原因のパーツを取り換えれば直せますが、CDドライブ以外のパーツも同じように寿命が近付いています。

 

購入してから5年や10年と年数が経っているなら、思い切って新しいパソコンへ買い替えてもいいでしょう。

 

■まとめ

CDドライブが開かない原因は、主に「ソフトウェアのロック」や「ドライブのロック」です。

 

それぞれの対処方法で解決できない場合、そもそもCDドライブが故障している可能性もあります。

 

CDドライブは簡単にパーツを交換できる構造ではないので、もし修理が必要ならメーカーや専門業者に依頼するのが好ましいです。

 

適当にパソコン本体を分解して修理をしようとすると、正常な部分まで壊れてしまう可能性もあるのでオススメはできません。