iMacが起動しない!電源が入らない!画面が真っ白!トラブル解決方法まとめ

2020.01.07
05.iMacが起動しない!電源が入らない!画面が真っ白!トラブル解決方法まとめ

突然iMacが起動しなくなってしまった、画面が真っ白になってしまったなどのトラブルに見舞われたことはありませんか?長年愛用していると、さまざまなトラブルが発生しやすくなります。

 

しかし、すべてのトラブルが故障とは限りません。今回は、iMacのトラブル発生時に使える、「自分で対応できる範囲の解決方法」について解説します。修理に持ち込む前に、まずは今回お伝えする解決方法を試してみてください。

 

 

■電源の確認

 

まずは電源ボタンを押し、電源が入るかどうかを確認します。ファンやハードディスクの動作音、起動音などの音は聞こえるでしょうか。またバックライトキーボードや「caps Lock」キーなどが点灯した場合も、電源が入っていると確認できます。

 

電源が入らない場合、電源ケーブルに異常がないか、またコンセント自体に問題がないかを確認します。コンセントの状況が不明な場合は別の家電製品を接続し、問題なく電力が供給されているかを確認してください。

 

 

■周辺機器アクセサリを外す

 

一旦、周辺機器アクセサリをすべて外し、電源ボタンを 10 秒間長押し後、再び電源ボタンを押します。

 

 

■SMCリセット

 

電源の供給が確認できたにもかかわらずiMacが起動しない場合は、SMC (システム管理コントローラ)のリセットを行います。

 

以下に手順について説明します。

 

1.「Appleメニュー」→「システム終了」の順に選択し、Mac がシステム終了したことを確認します。

2.電源コードを抜きます。

3.15秒そのままの状態で待ちます。

4.電源コードを元どおりつなぎ、再び電源ボタンを押します。電源が入れば成功です。

 

SMCリセットは、iMacが起動しないときだけでなく、キーボードのバックライトが正しく機能しない場合や、iMacへの負荷が高くないにもかかわらずファンが高速で回転する場合などにも活用できます。覚えておくと便利でしょう。

 

 

■最近増設したメモリやHDD(SSD)の互換性を確認

 

メモリやHDD、SSDなどを最近新しく購入した場合は、互換性のある製品かどうかを確認します。取り付け方法が適切かどうかも、同時にチェックしてください。

 

 

■セーフモード起動

 

セーフモードとは、起動の際に一定のチェックを行い、問題の切り分けをするために役立つモードです。

 

セーフモード起動の手順について、以下に解説します。

 

1.iMacを起動または再起動し、すぐに「shift」キーを押します。キーは、Appleのロゴが画面に表示されるまで押し続けてください。

 

2.ログインウインドウが表示されたら「shift」キーから指をはなして構いません。FileVaultで起動ディスクが暗号化されている場合などは、2回ログインが必要になることがあります。1回目に起動ディスクのロックが解除されて、2回目にFinderへログインします。

 

セーフモードで起動した場合に何も問題が発生しなかった場合は、問題が起動ディスクのキャッシュやディレクトリにあります。セーフモードによって解決したケースが多いため、そのまま通常起動を行ってください。

 

 

■リカバリーモード起動

 

セーフモードでも問題が解決しなかった場合は、リカバリーモードでの起動を行ってみましょう。

 

早速手順を解説します。

 

1.iMacの電源を入れ、すぐに「command + R」キーを長押しします。

2.Appleのロゴが表示されたら、キーから指をはなします。

3.管理者パスワードなどの入力を求められることがありますので、必要事項を入力します。

4.macOSユーティリティウインドウが表示されたら、リカバリーモード起動成功となります。

 

 

■上記方法を試しても改善しない場合は、Appleサポートへ

 

上記でお伝えした方法をすべて試しても問題が解決しない場合は、別の問題が発生している可能性が高いです。

大切なiMacを快適に使い続けるためにも、AppleサポートやAppleStore直営店にて相談することをおすすめします。