パソコンの処分方法4つを紹介!メリット・デメリットや処分前の注意点

2018.12.27
79_パソコンの処分方法4つを紹介!メリット・デメリットや処分前の注意点

・使っているパソコンが故障してしまった

・新しくパソコンを買い替えたい

 

そんなときに考えなければならないのが、古いパソコンの処分方法についてです。近年は、廃棄物の処分についてもいろいろと決まりが厳しくなりましたので、不燃物としてゴミの日に・・・というわけにはいきません。

 

今回は、パソコンの4つの処分方法について、それぞれのメリット・デメリットや注意点についてご案内します。

 

 

■パソコンの代表的な処分方法4つ

パソコンを処分する方法について4つ紹介します。

 

・買取・・・中古パソコンショップなどに買い取ってもらう方法です。処分するパソコンを店頭に持ち込むか、郵送で手続きを行います。

 

・無料回収・・・無料回収業者に引取を依頼する方法です。郵送での手続きが一般的です。

 

・自治体の回収ボックス・・・地域に設定されている回収(廃棄)BOXに投函して処分してもらう方法です。

 

・下取り・・・家電量販店やパソコンショップなどで、パソコン購入時に古いパソコンの下取りをしてもらう方法です。

 

 

■パソコンを処分する際の注意点(データの消去とバックアップ)

どの方法で処分するにせよ、パソコンを処分する以上は最低限知っておきたいことがあります。それは、パソコン内のデータ消去とバックアップについてです。

特にデータ消去は、大きなトラブルに繋がってしまう可能性があります。自分では重要なデータをパソコン内に保存していないつもりでも、住所録やメールの送受信データなどがデータ流出してしまった場合、相手にも迷惑が掛かってしまうからです。

 

また、バックアップを取っておかないと、メールのデータや写真のデータなどが消失してしまいます。したがって、処分するパソコンのデータは必ずバックアップを取ってから、データ消去することが必須であるということを把握しておきましょう。

 

関連記事: パソコンを安全に廃棄する際の注意点と情報漏洩を防ごう
      ハードディスク(HDD)の壊し方は?適切な処分方法
      パソコンを捨てるには皆データはどうしているの?

 

 

■パソコンデータのバックアップ方法

パソコンデータのバックアップを取るには、以下の方法があります。状況や用途に応じて使い分けましょう。

 

◇USBメモリ(リムーバルディスク)

写真データやエクセルファイルを保存するには手軽で使い勝手の良いメモリです。ただし、容量は小さいです。

 

◇外付けHDD

パソコンのデータを丸ごと保存するときなどに便利で、ビジネス利用の際に自動バックアップ用としてよく用いられます。費用が割高になるため、個人利用ではあまり用いられません。

 

◇クラウドサービス

DropboxやGoogleドライブが有名です。インターネットに接続できる環境であれば、手軽にデータのバックアップが取れます。

 

 

■パソコンのデータ消去の方法

パソコンデータを消去するには、次の手順で行います。

 

  • すべてのファイルをゴミ箱に入れます
  • ゴミ箱の中をカラにします。
  • フォーマット(初期化)を行います。

これでデータがすべて初期化されたように感じられるかもしれませんが、まだ完全ではありません。ハードディスク(HDD)内にデータが残っているからです。ハードディスク内のデータを消去するには、データ消去専用ソフトを購入するか、インターネット上のフリーソフトを取得する必要があります。などが有名です。

 

■パソコンの4つの処分方法のメリット・デメリット

4つの処分方法のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

買取

無料回収

自治体の回収ボックス

下取り

メリット

・現金化できる

 

・宅配便回収や出張引取サービスなど、手間をかけずに手軽に引き取ってもらえる

・データ消去サービスに対応している業者もある

・原則無料で回収をしてもらえる

・回収対象であれば、パソコン以外の家電も一緒に引き取ってもらえる

・新しくパソコンを購入する場合に、値下げやポイント還元をしてくれる

デメリット

・パスワードロックが解除されていない、などの理由により返品されてしまい、処分に手間がかかってしまうケースがある

・消去を忘れてしまった場合、重大な個人情報流出に繋がってしまうリスクがある

・業者によってサービスが異なるので、業者の見極めが必要

・自治体によって、回収を行っているか否かの確認が必要

・自治体ごとにルールが異なるので、回収方法を自治体のホームページで確認する必要がある

・新しくパソコンを購入しない場合は、基本的に対応不可

・動作しない機種など、下取りを断られてしまうケースもある

 

■パソコンファームなら無料でデータ消去に対応

無料回収業者の場合、業者の選定がポイントです。パソコンファームでは、無料でのデータ消去に対応しています。

 

パソコンの買取や下取りを依頼する場合でも、結局データ消去ソフトの購入代金のほうが高くついてしまったりするケースもありますが、物理的破壊、消去システムの使用、強磁気消去機による消去と、3つの方法で確実にパソコン内のデータを消去します。

 

安全性と手軽さを重視する方は、ぜひ当社にご依頼ください。

 

■まとめ

代表的な4つのパソコンの処分方法とメリット・デメリット、注意点について案内しました。

 

処分方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った処分方法を検討してみてください。データ消去が想像以上に大変だと思われた方のために、パソコンファームではデータ消去のサービスや無料出張引取サービスを行っています。

 

パソコンを処分する際には、4つの方法のメリット・デメリットや注意点を比較しながら、ぜひ検討してみてください。