パソコンの壊し方まとめ!ハードディスクの物理的な破壊でデータを消去

2020.08.03

パソコンの処分をする際、「ハードディスクに保存されているデータを完全に消去したい」と考える人は多いでしょう。個人情報や秘密のデータなど、HDDにはさまざまなデータが保存されています。

 

今回は、パソコンのさまざまな壊し方についての情報を集めました。ハードディスクを破壊するには、不確実で注意したい方法にも触れているため、確実にハードディスクを破壊したいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

パソコンの壊し方いろいろ

 

パソコンの壊し方には、いくつかの方法があります。特に、ハードディスク内のデータを完全に消去・破壊するための方法を集めました。

 

・ソフトウェアでデータを消去

パソコンがまだ動く場合は、データ消去用ソフトウェアを使ってデータを消去しておきましょう。「無意味なデータをハードディスクに書き込む」「ハードディスク領域を初期化する」などの方法で、データをサルベージできない状態で消し去ってくれます。

 

・自分でハンマーを使ってハードディスクを物理的に破壊

パソコンが起動せず、ソフトウェア的にデータを消去できない場合は、物理的にハードディスクを破壊する方法が有効です。ハードディスクのデータ記憶部分は、プラッターと呼ばれ、この部分をハンマーでたたくことにより破壊することができます。

 

パソコンの筐体をあけて、ハードディスクを取り出す手間があり労力もかかりますが、個人でハードディスクを破壊するには最もやりやすく確実な法です。

 

・自分でドリルを使う場合は複数個所に穴をあけて破壊

ドリルを利用できる場合は、ハードディスクに穴をあけて破壊することも可能です。プラッターも含めてドリルで穴をあける場合は、1ヵ所だけでなく、複数個所に穴をあけます。中心から少し離れた場所で、いくつかの穴をあけていきましょう。

 

・物理破壊機や磁気による物理的な破壊

その他、物理的に機械を破壊する専用機や、強力な磁気もハードディスクを物理的に壊せる方法です。ただし、この方法は個人では対応が難しく、専門業者に依頼しなければなりません。

 

パソコンの壊し方として不確実な方法は避けよう

 

ここまで、パソコンのハードディスクの物理的な破壊方法を説明しました。しかし、壊せそうで、実は壊せない方法もあります。パソコンの壊し方として推奨できない方法を2点ピックアップしました。

 

・水没や電子レンジによる加熱では記憶領域を壊せるとは限らない

「パソコンは水に弱い」というイメージから、「水没すればハードディスクも壊れる」と考える人もいるかもしれません。しかし、実は必ず破壊できるとは限りません。なぜなら、データ自体は読み出せなくなりますが、データを実際に保存しているプラッターまで破損できるとは限らないからです。

 

プラッターを水に濡らすだけでは、確実に壊したとはいえません。電子レンジで加熱することにより、発生する電磁波でデータを破壊しようとする人もいます。しかし、ハードディスクのデータは、電子レンジ程度の弱い電磁波では破壊できません。非常に強い磁気を発する専用機器があれば、保存データを破壊できます。

 

ただ、専用機器は個人で使えるものではありません。

 

・個人での物理破壊はけがの危険性も

個人でドリルやハンマーを使い、ハードディスクを破壊することは可能です。しかし、慣れない器具を使っての破壊は大変で、けがをする恐れもあります。このような理由から、ハードディスクを破壊して処分したい場合は、専門業者への依頼が安全です。

 

パソコン廃棄専門業者が行うパソコンの壊し方

 

「自分でパソコンを壊すのは少々大変」と思う場合は、パソコン廃棄専門業者に依頼するという方法もあります。パソコン廃棄業者が行うパソコンの壊し方は、主に以下の2通りです。

 

・論理消去機を使ったHDDデータ消去

論理消去機とは、ハードディスクを破壊することなく、データを複数の消去方式で消せる特殊な機械です。論理消去機を使用することにより、ハードディスクのデータは完全に消去できますが、作業時間は数十時間とかなりかかります。

 

・強力な磁気による物理破壊

強力な磁気を発する専門機器による物理破壊も、専門業者特融の壊し方です。ハードディスクに触れることなく、強力な磁気を発して記録されたデータを消去します。

 

パソコンファームでは、論理消去機に「ワイ・イー・シー製マルチディスク検査消去システム」を使用。一気に数十台ものパソコンを処理できます。物理破壊に使用している機械は「オリエント・コンピュータ製 HC7800G」。強力な磁気を充てることで、一瞬でデータを消去することが可能です。

 

ハードディスクのデータを完全に消去してパソコンを処分したいとお考えの方は、ぜひパソコンファームまでご相談ください。