SSDとHDDの違いとは?速度・容量・体感を詳しく比較!

Computer SSD drive isolated on white background

最近、店頭でもSSD搭載パソコンを見かけることが増えつつあります。しかし「HDDとSDDは何が違う?」「SSDの性能におけるメリットは?」など、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、SSDとHDDの違いや、具体的な性能の比較につきまして、わかりやすく解説します。

 

 

■SSDとは

 

SSDとは「ソリッド・ステート・ドライブ」の略です。USBメモリーのように、内蔵されているメモリーチップにデータを読み書きするため、より静かで高速との特徴があります。

 

HDDの場合だとデータの読み書き時に磁気ヘッドが移動する時間(シークタイム)が発生しますが、SSDには物理的な移動時間はありません。よりスムーズに処理が可能です。

 

 

■HDDとは

 

HDDとは「ハード・ディスク・ドライブ」の略です。本体に内蔵されている複数の金属製の円盤(プラッタ)に、磁気ヘッドを近づけることでデータを読み書きして記憶します。

 

外付け、内蔵ともに果たしている役割は同じです。

 

 

■SSDとHDDの性能を一覧比較

 

それでは、SSDとHDDの性能を表にまとめて比較してみましょう。

 

HDD

SSD

処理速度

磁気ヘッドやプラッタの物理的移動時間が発生するため、処理速度が遅いです。

磁気ヘッドやプラッタの物理的移動時間が発生しないため、HDDに比べると処理速度が速いです。

起動時の駆動音

磁気ヘッドの回転により、駆動音が発生します。

磁気ヘッドの回転がないため、駆動音は発生しにくいです。

消費電力と発熱

熱がこもると冷却ファンが作動し、PCから大きな音が発生します。

消費電力が少なく、発熱しにくいです。

衝撃への耐久性

読み書きの最中に衝撃を受けるとディスクが破損し、故障の原因となります。

物理的駆動部分がないため、比較的衝撃に強いです。

寿命

駆動部分が多いため、経年劣化により部品が摩耗しやすいです。

部品の破損で故障する可能性が高いです。

容量が多いほど寿命が長く、現在ではHDDよりも高寿命です。

重さ

重い

軽い

価格

大容量で安いです。

HDDに比べると割高です。

上記を踏まえた上で、自分に合うタイプを選ぶポイントは「処理速度」「音」「容量」「価格」です。

 

高速かつ静かなパソコンを求める人はSSD、大量に動画や音楽、写真を保存するための容量を重視したい人は、HDDが適しているといえるでしょう。

 

ただし、HDDはSSDに比べ衝撃や湿度に弱いことを理解し、取り扱いに注意しましょう。

 

 

■古いパソコンはデータが消える原因に

 

HDD内蔵のパソコンをお使いの場合は、前述しましたように取り扱いに注意し、SSD内蔵型以上に衝撃・湿気・高温を避ける必要があります。しかし、どれだけ意識していたとしても、経年劣化により起こる部品の摩耗は避けられません。

 

そのため、現在HDD内蔵型の古いパソコンをお使いの場合は、まずは定期的なバックアップをおすすめします。

 

しかし、古いパソコンは「動きが遅い」「容量が少ない」などさまざまな問題を抱えやすいものです。完全に故障する前に、新しいSSD内蔵パソコンに買い替えるというのも、ひとつの方法といえます。

 

すでに「起動時に時間がかかる」「動作が重くてストレスを感じる」「パソコン購入からかなりの年月が経過している」などにあてはまっている方は、特に注意が必要です。

 

完全に壊れてから買い替える場合、データ移行にも時間や手間がかかります。そうなる前に、高速・静かなSSD内蔵パソコンに買い替えて、ストレスフリーなパソコンライフを送りませんか?

 

また、買い替えにより不要となりましたパソコンにつきましては、処分費用不要のパソコンファームをご利用ください。パソコンファームでは、大手企業でも採用されておりますデータ消去方法を実施していますので、個人情報漏洩の心配もありません。

 

さらに期間限定、お得な送料無料キャンペーンも実施しています。