パソコンのデータ移行方法とは?新しく買ったパソコンの引っ越し方法

2018.07.02
7.パソコンのデータ移行方法とは?新しく買ったパソコンの引っ越し方法_38894389_M_compressed

新しいパソコンを買うと、古いパソコンからデータを移行しなければなりません。

 

このデータ移行はどのようにやればいいのでしょうか。

 

ここでは、パソコンのデータ移行方法について見ていくことにします。

 

 

■外付けHDDやUSBメモリを使って簡単にデータ移行

 

外付けHDDやUSBメモリを使うと簡単にデータ移行ができます。

 

古いパソコンのUSB端子に外付けHDDかUSBメモリを接続して、移行したいファイルをその外付けHDDかUSBメモリにコピーしてください。

 

次に、データをコピーした外付けHDDかUSBメモリを新しいパソコンに接続して、デスクトップなどにコピーすればデータ移行が完了します。

 

 

■データ移行できないもの

 

古いパソコンから新しいパソコンにデータ移行するといっても、すべてのものが移行できるわけではありません。

 

パソコン間では、データ移行できるものとできないものがあります。

 

たとえば、ソフトウェア類はデータ移行することができません。

 

古いパソコンで使っていたソフトウェアを、新しいパソコンでも使いたい場合は再インストールが必要です。

 

また、パスワード類も移行できません。

 

パスワードは、新しいパソコンで再入力する必要があります。

 

パソコン間でデータ移行できるのは、テキストファイルやエクセルファイル、ワードファイルなどのほか、メールや画像、動画、音楽などのファイルです。

 

 

◇データ移行には半自動と手動がある

 

データ移行専用アプリを使うと、半自動でデータ移行ができます。

 

このアプリはネットで購入できますが、パソコンによっては最初から付属していることもあります。

 

専用アプリを使わなければ、移行したいファイルを外付けHDDやUSBメモリに手作業でコピーして移行します。

 

ちなみに、通常のデータは簡単にコピーできますが、メールデータの移行は少々手間がかかります。

 

まず、古いパソコンにあるメールソフトのエクスポート機能を使って、メールのデータを外付けHDDやUSBメモリにコピーします。

 

次に、コピーしたデータを新しいパソコンのメールソフトから読み込めば、メールデータの移行が完了します。

 

 

■OneDrive(クラウド)を使ったデータ移行方法

 

古いパソコンから新しいパソコンにデータ移行する方法として、OneDriveというクラウドを利用する方法があります。

 

Onedriveはwindowsが提供しているサービスで、5GBまで無料で使うことができるので大変便利なサービスです。

 

OneDriveにデータを保存すると、どこからでもアクセスしてパソコンやタブレットなどにデータを取り込むことができます。

 

そのため、古いパソコンから新しいパソコンにデータ移行する場合も、OneDriveを使えば手軽にデータを移すことができます。

 

また、「OneDriveデスクトップアプリ」を使うと、新しいパソコンへ自動的にデータを移行することができます。

 

OneDriveは「Microsoftアカウント」さえあれば誰でも手軽に使うことができます。

 

ちなみに、Windows8.1から標準で OneDriveが搭載されています。

 

OneDriveを使うには、デスクトップ画面からエクスプローラーを開くか、ショート カットキー [Windowsキー + E] で、エクスプローラーのサイドバーからOneDriveを開くこともできます。

 

OneDriveフォルダーは OneDrive.com上のデータを同期保存しているので、OneDrive のフォルダー内でファイルを保存すれば、自動的にOneDrive.comに最新データのバックアップが取れます。

 

つまり、OneDriveを使えば、手作業でバックアップデータを更新しなくても、常に最新の状態でデータが保存されるというわけです。

 

OneDriveは、無料で使える容量は5GBまでですが、有料プランに切り替えればデータ容量を拡張することも可能です。

 

それに、OneDriveはクラウドなので、万が一パソコンがクラッシュしても、データ消失の心配がありません。

 

そのため、データ移行のほかに、重要データの保管方法のひとつとして利用することもできます。

 

クラウドの利点として、一旦OneDriveにデータをアップロードしておくと、いつでもどこからでもアクセスしてデータを操作できるので大変便利です。