【初心者向け】iPhoneの「iOS」とは何?意味や性能をわかりやすく解説!

5_【初心者向け】iPhoneの「iOS」とは何?意味や性能をわかりやすく解説!

iPhoneに搭載されているのは「iOS」であり「Android」ではないことは、ある程度知られている話です。しかし、この「iOS」に、どういった意味があるのかよくわからないといった方も多いのではないでしょうか。知らなくてもiPhoneを使うことはできますが、知っておくとより便利です。

 

本記事では、iOSとは何かといった基本的なことからiOSとAndroidの違い、バージョン確認方法までをわかりやすくお伝えします。

 

 

iOSとは?

 

iOSとは、Apple社が開発した携帯機器用の基本OSです。「アイオーエス」と読みます。

 

「OS」とは

少し用語を噛み砕いて見てみましょう。OSとは「Operating System(オペレーティングシステム)」の略です。人が操作した内容をアプリケーションに伝える役割を果たします。スマホの場合は「iOS」と「Android」、パソコンの場合は「Windows」「Mac OS」などがあります。

 

現在のスマホ用OSにも、パソコン用のOS開発により培ったノウハウが活かされています。ただしスマホの場合はパソコンと違い、OS単体で販売されることがありません。スマホのOSを語る上では、同時に機種にも目を向ける必要があります。

 

OSができること

OSの役割は、主に5つあります。具体的に解説していきましょう。

 

・仕事の管理

アプリケーションの実行や、タスクをこなすのに必要なメモリ、CPUの割り当てなどを行います。最近のOSは、文章を作成しながら音楽を聴くなど、同時に別の作業ができるようになっています。こういった機能を「マルチタスク」と呼びます。

 

・メモリ管理

タスク中に必要メモリを割り当てる、タスク終了後に不要となったメモリを別の作業に使用するなどの役割を果たします。

 

・ファイル構造の管理

端末の中には、複数のファイルが階層構造をつくり存在しています。構造を管理することもOSの役目です。

 

・周辺機器の管理

キーボードやプリンタなど、さまざまな周辺機器(デバイス)に対しデータの入出力を行います。

 

・API

APIとは、「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の略です。OSのアプリケーションを開発する際に利用できるプログラム上の機能・設備を意味します。

 

APIの存在は、新規アプリケーション開発の工程を縮めることに役立っています。一般の人が直接利用するケースは稀ですが、便利なアプリケーションの誕生などを通じて、間接的に恩恵を受けているといえます。

 

 

iOSとAndroidの違い

 

次に、iOSとAndroidの違いについて見ていきましょう。

 

 

iOS

Android

開発元

Apple社

Google社

導入機種

・Apple製品のみです。(iPhone、iPadなど)

・他社が利用、開発することができません。

・Xperia、Galaxyなど多数です。

・無料で利用、開発が可能なため、Google社以外でも使用できます。

ユーザーの選択肢

狭いです。(iPhoneのみ)

幅広いです。

周辺機器

充実しています。

iOSと比べると少ないです。

(搭載機種の種類が多く、全対応が難しい)

OSのアップグレード

頻繁です。

機種によります。

 

iOS搭載のスマホはiPhoneしかありません。また種類だけでなく内容もシンプルです。一方、Androidは複数の会社が自社開発を行い、個別のスマホを製造・販売しています。開発コストを抑えることができる分、より各社が個性を出していると言えます。

 

 

iPhoneのiOSバージョンを確認する方法

 

iPhoneのiOSバージョンは、セキュリティの観点からも常に最新にしておくことが望ましいです。OSバージョンの確認方法について解説します。

 

1.ホーム画面→「設定」→「一般」→「情報」の順番にタップします。

2.「ソフトウェアバージョン」の欄に表示されている数字が、現在お使いのiPhoneのiOSバージョンです。

 

2019年7月現在の最新バージョンは、iOS 12.4です。上記の手順に従い、今お使いのiPhoneのバージョンを確認しておきましょう。最新バージョンでない場合は、速やかにアップデートしておくことをおすすめします。