ますますiPhoneが便利になる!次期OS「iOS13」の新機能とは?

03_ますますiPhoneが便利になる!次期OS「iOS13」の新機能とは?

OSのアップデートを繰り返し、より便利に使い勝手が良くなっていくiPhone。
現在、iPhoneやiPadに使用されているOSは「iOS12」ですが、2019年6月4日、次期OSとなる「iOS13」について正式発表がありました。

 

今回は、最新OSとなる「iOS13」のリリース予定日や機能について詳しく解説します。

 

■現在の最新OSは、iOS12

現在の最新OSであるiOS12は、2018年9月18日に提供が開始されたものです。

 

パフォーマンス向上をメインとしたiOS12では、アプリ起動速度が最大2倍になり、文字を入力する際のキーボード表示速度は最大50%高速化、そしてカメラの起動速度は最大70%高速化しました。

 

そのほか、バッテリー使用状況が明確になったり、スマホ利用頻度がわかる「スクリーンタイム」が搭載されたりしたほか、カメラをかざし計測できる「AR」が強化されたりと、より便利になっていることがわかります。

 

■iOS13のリリース予定日は?

iOS12以上のパフォーマンスや使い勝手が期待されているiOS13ですが、明確なリリース予定日は正式に発表されていません。

 

ただ、開発者向けに開催されたイベント「WWWDC 2019」において、Apple側より2019年秋配信予定との発表がありました。
例年9月に配信日の発表が行われ、新しいiPhoneと同時配信となっていることから、2019年も同じ方法が予想されます。

 

■iOS13の主な機能とは?

改めて、iOS13に搭載されるいくつかの新機能について見ていきましょう。

 

ダークモード

事前に設定した時間や日の入りの時間により、iOSの見た目を自動的に変化させる機能です。周囲の明るさにより画面の光が変わるため、暗い部屋でiPhoneを使うときも、目に与える影響を和らげてくれます。
ダークモードのオン・オフは、コントロールセンターからも設定可能です。

 

写真アプリ

写真アプリもまた、大きく変化するポイントです。
メインとなる「写真」には、「年別」「月別」「日別」「すべての写真」のタブが導入され、写真や動画へのアクセスがより便利になります。

 

プレビュー画面はより大きくなり、スクリーンショットやレシピなどの写真が重複している場合は自動で非表示にしてくれる機能も搭載されます。
また、今まで写真のみの編集機能とされていた「切り抜き」「回転」「露出調整」なども、動画で行うことができ、加工機能が大幅に向上しました。

 

Silence Unknown Callers

Siriを介して、電話帳やメッセージ、メールに記載のある電話番号のみ、呼び出しを許可するシステムです。
記載のない番号は、全て自動で留守番電話につながるため、着信音が鳴ることはありません。
迷惑電話に悩んでいる人にとって、大きなメリットがあるでしょう。

 

データ容量を節約するモード

モバイルデータ通信の際に、通信料を節約できるモードです。
節約の具体的量などは報告されていませんが、格安SIMの低容量プランを使っている人にとっては、便利な機能といえそうです。

 

■iOS13リリースを機に、長年使用しているiPhoneを買い換える方法も

iOS13には、上記で解説した機能以外にも、さまざまな新機能が予定されています。

 

iOS12がリリースされた際には、旧モデルでも動作が改善されると発表され、アップデートが促されていましたが、今年についてはまだ未定です。

 

仮にアップデートにより動作改善が期待されたとしても、長年使用しているiPhoneの場合、本体に問題が生じている可能性があります。
突然故障した場合、バックアップをとっていないにもかかわらず、買い換えを余儀なくされるといった事態も否定できません。

 

長年iPhoneを愛用している人は、iOS13のリリースを機に、買い換える方法もおすすめです。

 

また、その際に不要になったiPhoneの処分にお困りであれば、処分費用不要のパソコンファームをぜひご利用ください。内部データに関しても、確実に消去した上で処分を行いますので、個人情報漏洩の心配もありません。

パソコンファームの不用品回収方法に関する詳細をチェック