iPhoneが復元できない!考えられる原因と今すぐやるべき対処法

08_iphoneが復元できない!考えられる原因と今すぐやるべき対処法

「iPhoneのバックアップをとったはずなのに、復元できない!」といった事態に陥ってしまったことはありませんか?バックアップ自体は問題なくできているにもかかわらず、iCloud、iTunesともに復元できないケースは少なくありません。しかし、復元できなければ、その後の利用にも影響を及ぼしてしまいますよね。

 

今回はiCloud、iTunes、それぞれから復元できない場合に確認すべきこと、そして最終手段について紹介します。

 

 

■iCloudから復元できない場合に確認するべきこと

 

まずはiCloudから復元できない場合について、確認すべき点から見ていきましょう。

 

◇Wi-Fiに接続できているか?

iCloudからバックアップデータを復元するためには、Wi-Fiに接続していることが大前提です。Wi-Fi設定がオフの場合はオンにしましょう。接続が不安定な場合は、場所を移動したり、別のWi-Fiを利用したりといった方法をとりましょう。Wi-Fi接続速度が低下している場合、復元に数時間もの時間を要することがあり「フリーズしている?」「復元に失敗?」と、誤解してしまうケースもあります。

 

◇Apple IDは正しいか?

複数のApple IDを利用している場合、バックアップをとったApple IDと現在入力中のApple IDが異なっている可能性があります。もう一度、お持ちのApple IDを整理し、確認しましょう。

 

■iTunesから復元できない場合に確認するべきこと

 

それでは次に、iTunesから復元できない場合の確認事項について説明します。

 

◇iOSやiTunesのバージョンは最新版か?

 

iOSやiTunesのバージョンが古い場合、スムーズに復元できないケースがあります。iPhone、Macともに最新バージョンかどうかを確認しましょう。iPhoneのバージョンは、設定→一般→ソフトウェア・アップデートと進むことで確認できます。最新バージョンへのアップデートを要求する画面が出なければ、現在のiOSは最新バージョンだと考えて問題ありません。

 

◇PCのネット環境に問題はないか?

有線LAN、Wi-Fiどちらにも言えることですが、インターネット環境に問題があると復元トラブルが起こりやすくなります。有線LANの場合は、ケーブルに問題がないかなども併せて確認してみましょう。

 

◇「iPhoneを探す」機能はオフになっているか?

iPhoneを紛失した際の強い味方になってくれる「iPhoneを探す」機能ですが、この機能がオンになっていると正常に復元が行われません。設定→サインイン→iCloud→iPhoneを探すを選択することで、切り替え可能です。

 

◇一度再起動すると復元できることも

理由は定かではありませんが、システムの不具合により復元ができないケースもあります。そういった場合は、iPhone、PCともに一度再起動してみましょう。問題なく復元できることがあります。

 

 

■それでもダメなら、リカバリーモードからの復元を試そう!

 

上記にて説明した方法を試したにも関わらず、改善されない場合の最終手段「リカバリーモード」について説明します。

 

リカバリーモードを開始するための手順は、次の通りです。

 

・PCを立ち上げ、iTunesを起動する(iTunesが最新であるか確認しましょう)

・iPhoneの電源を切る

・PCとiPhoneをUSBケーブルにて接続する

 

その先は、現在お使いのiPhoneのモデルにより異なります。一覧表にまとめました。

 

iPhoneのモデル

手順

iPhoneX

iPhone8 /8Plus

1.最初に音量アップボタンを一度押して離す。

2.音量ダウンボタンを一度押して離す

3.サイドの電源ボタンを長押しする(10秒ほど)

iPhone 7/7Plus

音量ダウンボタン、サイドの電源ボタンを一緒に長押しする(10秒ほど)

iPhone 6s以前

電源ボタンとホームボタンを一緒に長押しする(10秒ほど)

 

リカバリーモードの画面が現れるまで、長押ししてください。表示されたら、ボタンを離します。最後にPC画面上にて「iPhoneを復元」を選択し、「復元とアップデート」を選んでください。

 

 

■まとめ

 

今回は、iPhoneが復元できない場合の原因や対処法について紹介しました。しかし、復元できなくなるには、様々な原因があります。システムの問題だけでなく、iPhoneの経年劣化や内部破損が原因となることもあります。

 

こまめにバックアップをとり、万が一の事態にも対応できるよう備えておきましょう。