iPhoneの画面が突然真っ暗に!原因とすぐにやるべき対処法

76_iPhoneの画面が突然真っ暗に!原因とすぐにやるべき対処法

「突然iPhoneが真っ暗になって動かない!」という経験をしたことはありませんか?その真っ暗になる症状を「ブラックアウト」と呼びます。「音は聞こえる、バイブモードの振動は伝わる、でも画面は真っ暗で何も操作できない」といった状態を改善するには一体どうすればよいのでしょうか?

今回は、ブラックアウトの対処法と原因について詳しく解説します。

 

 

■iPhoneの画面が真っ暗になって動かないときの対処法

まずiPhoneの画面が真っ暗になった場合の対処法について見ていきましょう。

 

◇強制的に再起動をする

強制的に再起動をすることで、ブラックアウトが改善される可能性があります。再起動の方法はiPhoneのモデルにより異なりますが、「スリープボタン+ホームボタンの長押し」または「スリープボタン+音量ボタンの長押し」のどちらかにて再起動が可能です。

 

◇Apple正規修理店に持っていく

強制再起動を行ったにもかかわらず変化がみられない場合は、Appleの正規修理店に持っていくことをおすすめします。正規修理店であれば、「ディスプレイケーブルの調整」「リカバリーモードによる初期化」など、自宅では不可能な修理を受けることができるからです。

 

自分で無理に直そうとして失敗するリスクを考えると、正規修理店に依頼する方がスムーズといえるでしょう。

 

◇充電切れではないか確認する

根本的な問題ではありますが、画面が真っ暗になっているだけでブラックアウトだと勘違いして慌ててしまうケースもゼロではありません。単に充電が切れているケースもあります。

 

家族や友人の携帯電話から電話やメールを送ってみましょう。音や振動の反応があるにもかかわらず画面が真っ暗であれば、ブラックアウトです。しかし、全く無反応の場合は、電源が切れているか、そのほかの原因によるものだと考える必要があります。

 

 

■画面が真っ暗(ブラックアウト)になる原因とは?

 

iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる原因は、主に次の4つです。

 

・システムやソフトの影響

・ディスプレイケーブルの断線や破損

・バックライト切れ

・落下や水没などの衝撃

 

システムやソフトの影響が原因の場合は、強制再起動にて復活する可能性が高いです。ディスプレケーブルのトラブルの場合も、正規修理店にて依頼することで基本的に修理ができます。バックライト切れも、修理や本体交換といった対応が可能ですが、有償・無償は、加入しているサービスの有無によって異なります。

 

落下や水没などにより衝撃を与えたことによる破損は、有償だと考えておきましょう。

 

 

■iPhoneが突然動かなくなるケースは他にもある?

ブラックアウト以外にもiPhoneが突然動かなくなるケースは存在します。

 

例えば、以下の2つのケースです。

 

・アプリ起動中のフリーズ

・ホーム画面の状態でのフリーズ

 

アプリ起動中のフリーズは、「バックグラウンドで起動しているアプリが多すぎるために、iPhoneの処理能力を超えていること」が主な理由であることが多いです。そのため、不要なアプリは終了させましょう。

 

ホーム画面でフリーズする場合の理由は一概にはいえませんが、強制的に再起動することで問題なく動くケースが多いです。

 

 

■まとめ

 

iPhoneの画面が真っ暗になってしまうブラックアウトは、初めて経験すると「故障かも!」と驚いてしまうケースが多いですが、多くの方が経験している症状です。

 

自分でできる対処法は限られており、強制再起動に勝るものはありません。ディスプレイケーブルやリカバリーによる改善も合わせると、ブラックアウトは改善の見込みが高いといえるでしょう。

 

もし強制再起動を行っても改善されない場合は、一度Apple正規修理店に相談することをおすすめします。修理に多額の費用がかかる場合は、機種変更や新規購入を検討するとよいでしょう。