iPhoneが充電できない!修理に出す前に自分で試すべき4つの方法

74_iPhoneが充電できない!修理に出す前に自分で試すべき3つの方法

仕事やプライベートなど、もはや日常に欠かすことのできない存在のiPhone。もし突然充電ができない状態になってしまったら、どうすれば良いのかパニックになってしまう方も多いことでしょう。しかし、むやみに充電器を抜き差ししたとしても、改善するわけではありません。

 

そこで今回は、iPhoneが充電できないときにまず自分で試すべきことについてご紹介します。

 

 

■iPhoneが充電できないときにやるべきこと4つ

 

◇別のコンセントを使い充電する

iPhoneが充電できない場合、本体に問題があると考える人は多いでしょう。しかし、実際にはコンセントとケーブルの接触が悪い場合や、コンセント自体が経年劣化により問題があるケースも少なくありません。

 

別のコンセントを使ったり、もう一度ケーブルを接続しなおしたりすることで改善するケースもありますので、試してみましょう。

 

◇数十分充電する

バッテリー残量がゼロ、またはゼロに近い状態の場合、充電をしようとしてもすぐに反応が見られないケースがあります。また、部屋の温度が低い場合なども反応が鈍いケースがあるため、しばらく様子を見てみましょう。その後、通常通り充電が開始されることがあります。

 

◇iPhoneを再起動する

充電ができないときなど、iPhone自体にトラブルが発生している場合、再起動により問題がリセットされる可能性があります。手順は、「本体のスリープボタン長押し」→「スライド」→「シャットダウン」です。シャットダウン後、再起動することで充電が可能になるケースがあります。

 

ただし、シャットダウンの途中でボタンを押すようなことは避けましょう。確実にシャットダウンを終わらせ、数分経ってから立ち上げるくらいが適切です。

 

◇初期化・復元する

もし、お使いのiPhoneのバックアップをこまめにとっており、かつ、パソコンに接続できるほどの電池残量がある場合は、一度初期化・復元する方法もあります。

 

 

■ケーブルやアダブタが原因であることも

上記でお伝えした3つの方法は、iPhone本体に何らかの原因があり、充電できないケースの対応方法です。しかし、充電できない原因は本体だけとは限りません。

 

例えば、LightningケーブルやACアダプタにホコリが溜まっているだけでもスムーズな充電の妨げとなることがあります。ペットを飼っている人や、ホコリっぽい場所での使用が多い人は注意が必要です。

 

この場合は綿棒などを使用し、ホコリを取るだけで充電が改善されることもあります。

 

さらにもうひとつ多いケースが、ケーブルやアダプタの断線、劣化です。目で見てわかるほどの破損、変色がある場合は、ケーブルやアダプタに問題があるケースが多いでしょう。

 

 

■解決しなければ修理へ出そう

iPhoneが充電できない場合に試すべき方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。前述の方法を全て試したにもかかわらず、充電ができない状態が続く場合は、iPhone本体内部やバッテリーなどに問題が生じている可能性が高いです。

 

iPhoneが充電できなくなる前に、バッテリーの消耗が激しいといった前兆があった場合は、バッテリーの経年劣化も考えられます。そういった場合は、自分で対処することは不可能です。

 

Appleの直営店や正規サービス店にiPhoneやケーブル、アダプタなどの一式を持ち込み、すみやかに修理を依頼しましょう。

 

 

■まとめ

iPhoneが充電できなくなってしまった場合は、まずは今回ご紹介した対処法をお試しください。それでも変化がみられない場合は、修理を依頼するとよいでしょう。

 

修理により、再び充電が可能になるケースがある一方、経年劣化が理由による故障の場合は、買い替えを勧められることもあります。

 

もしも買い替えに伴い、古いiPhoneの処分に困ってしまった場合は、パソコンファームにご相談ください。宅配・訪問・店頭の3つの回収方法にて、iPhoneの処分にご活用いただけます。