エアコンの買い時はいつ?買い替えのタイミング・時期を解説

2018.11.10
エアコン

夏や冬のシーズンにエアコンは大活躍しますが、新しいエアコンを買い替える場合にベストな時期は気になりますよね。

 

今回は、エアコン買い替えの時期について紹介していきます。

 

■エアコン買い替えの時期とは?何年が目安?

「エアコンの寿命は何年なのか?」という素朴な疑問を持っている人は多いと思います。

 

・パナソニック:10年

・三菱:10年

・シャープ:9年

 

大手3社におけるエアコンの耐用年数は約10年となっているため、寿命をベースにエアコンを買い替えるのであれば「新しいエアコンを購入してから10年後」が1つの目安になります。

 

◇10年以上使えることもある

耐用年数はあくまでも目安なので、10年以内に寿命を迎えることがあれば、10年以上使えることもあります。

 

国の統計データでは、「エアコンの使用年数の平均は13.6年」と公表されており、実際はエアコンを10年以上つかっている人もたくさんいます。

 

◇こんな症状が出たら買い替えを検討しよう

基本的にエアコンが正常に動作しているなら、急いで買い替える必要はありません。

 

しかし、以下のような症状が出始めたら、そろそろ新しいエアコンへ買い替える方が良いです。

 

・水滴が垂れる

・エアコンの風が臭い

・異音がする

・リモコンが作動しない

・冷房や暖房が効かない

掃除をせずにエアコンを使い続けると寿命が短くなるので、新しいエアコンを購入したら小まめに掃除をするように心がけましょう。

 

■家電販売店の決算期は安く買えるチャンス

エアコンを買い替えるなら、少しでも安く購入したいですね。

 

・決算期

・新モデルのリリース後

 

基本的にエアコンが安くなる時期は、メーカーや製品によってさまざまです。

 

しかし、決算期や新モデルリリース後は安値でエアコンを購入しやすい傾向があるので、覚えておくと便利ですよ。

 

◇決算期はエアコンが安くなる

日本企業の決算期は3月~4月が多く、この時期になるとエアコンの価格が下がりやすいです。

 

もちろん、必ずこの時期になるとエアコンが安くなるとは限らないので、お店が利益に敏感になりやすい月末に価格比較をしていくのも効果的です。

 

◇新モデルが出たら古いモデルを買う

毎年、各メーカーから新しいモデルのエアコンがリリースされますが、新モデルがリリースされると古いタイプのエアコンは安くなります。

 

自動車やスマートフォンなどと同じで人気商品は売れやすいことから、古いモデルは価格を下げなければ在庫処分が難しいです。

 

◇お店のチラシをチェックする

今はインターネットでエアコンの価格比較を簡単にできますが、何気に各店が配布するチラシをチェックしておくのも大事です。

 

「在庫処分セール!」みたいな割引が実施されると、「エアコンは何月に安くなるの?」とか「エアコンの買い替え時期は?」など関係なく、そのお店が提示する割引価格で購入できるのでお得です。

 

■古いエアコンは廃棄・処分を検討しよう

基本的にエアコンの買い替えは、工事もセットで購入することが多いと思います。

 

その場合、古いエアコンは業者が引き取ってくれるので、処分は簡単です。

 

処分費用については業者によって様々なので、事前に確認しておくことが大切です。

 

◇エアコンを無料で廃棄処分したいならパソコンファーム!

古いエアコンを自分で処分しなければならない場合、当社にご連絡頂ければ無料で回収いたします。

 

パソコンファームは対象品目の回収を「宅配」・「訪問」・「店頭」から、すべて無料で行っています。

 

エアコンの捨て方が分からない場合など、お気軽にご連絡ください。

 

■まとめ

エアコンの買い替え時期は10年前後が目安なので、寿命が近い場合は買い替えを検討しましょう。

 

また、エアコンを買い替えるときは決算時期や新モデルの販売直後を狙うと、通常の相場よりも安く購入できることが多いので、参考にしてみてくださいね。