ビデオデッキの処分に困っている?無料回収・処分する方法

NO8・ビデオデッキの処分に困っている

ビデオデッキはゴミの日に処分することができますが、「お金に換えたい」という場合は買取などから売ることができます。

 

今回は、ビデオデッキの様々な処分方法を紹介していきます。

 

■ビデオデッキとは?

ビデオデッキとは、ビデオテープを再生するための機械です。

 

今は殆ど使うことがありませんが、DVDが登場するまではビデオテープが主流であったため、一家に一台はビデオデッキがあるほど需要の高かった機械です。

 

■主なビデオデッキの種類

ビデオデッキは、以下のような種類があります。

 

・VHS:最もメジャーな規格

・S-VHS:VHSの高画質版(VHSでも再生可能)

・VHS-C:VHSの小型版(専用ビデオデッキが必要)

・ベータマックス:当時はVHSと対となっていた規格(専用のビデオデッキが必要)

・その他:8mmやHi8やMiniDVなど(それぞれの機器が必要)

 

簡単に説明すると、一般的にビデオデッキといえば「VHS・横幅188mm×縦102mm×高さ24mm」です。

 

それに対して「ベータマックス・横幅156×縦96mm×高さ25mm」もありますが、中古買取店などで見かけるビデオテープの殆どはVHS規格です。

 

つまり、ビデオデッキの選び方は再生したいビデオテープの規格から選ぶ必要があるので、サイズを調べておけば簡単です。

 

■ビデオデッキの処分方法

ビデオデッキは家電リサイクル法の品目ではないので、みなさんの想像どおりの方法で処分できます。

 

最も簡単な処分方法は、「もえないゴミ」や「大型ゴミ」として処分する方法です。この場合、各地域によって捨て方が異なるので、ルールをしっかりと確認しておきましょう。

 

◇自治体に回収依頼

自治体に回収を依頼するなら、まずは自治体に連絡して詳細を確認しておくことが大切です。

 

一部の地域では、「1品いくら」という単価が決まっており、紐で括れる寸法まで決められています。

 

回収日に紐で括って指定シールを張り付けておかなければ回収してくれないところもあるようです。

 

ちなみに燃えるゴミも専用のゴミ袋を地域によっては買わなければならず、そのゴミ袋でなければ回収してくれません。

 

◇メーカーの下取り

メーカーの下取りは、「下取り」をやっている業者を見つけなければなりません。

 

「買取」と「下取り」の定義が難しいところではありますが、一部、例を紹介しておきます。

 

ほとんどのサービスでは、家電リサイクル法の対象商品だけを下取りしており、買取だけの要望には応えられないとなっています。

 

業者によって内容は様々なので、「下取り」として処分するなら「買取」とは違って詳細を確認しておく方が良いかもしれません。

 

◇リサイクル業者に買取

「買取」はいわゆる買取や引き取りなので、業者経由でビデオデッキを処分したい場合は最も簡単な方法です。

 

ネット上でも簡単に業者を見つけられますし、近所の電化製品系の中古店でも「無料で良い」というスタンスなら簡単に処分できるとかと思います。

 

◇オークションやフリマ

オークションやフリマは、ビデオデッキの状態がポイントになります。

 

ビデオデッキの需要については「ビデオテープ」がこの世から消えない限りは一定の需要があるので、ビデオデッキは絶対に売れないとは言い切れません。

 

基本的にオークションが推薦され、フリマは目に留まるお客さんの数が少ないので期待値は低いです。

 

場合によっては買取を利用する方が早いかもしれません。

 

◇不用品回収業者に依頼

不用品回収業者とは、基本的に再販することを目的に引き取りを行っている業者を指すことが多く、買取店と同じような認識でOKです。

 

ビデオデッキを無料回収できることも多いので、買取店や下取り店で「無料でも引き取れません」と言われた場合などに最後の砦として重宝されます。

 

■不用品回収業者に無料で回収依頼する場合

不用品回収業者に無料で回収依頼する場合、最初に以下を確認しておきましょう。

 

・本当に無料なのか?

・年式などは問われるのか?

・付属品などは必要なのか?

・故障していても大丈夫なのか?

・必要書類は?

 

業者によって回収条件が異なるので、上記のような内容はしっかりと確認しておく必要があります。

 

必要書類については、買取や下取りも含めて本人確認のための「身分証明書」だけでOKなお店が殆どです。契約書にサインする際に本人確認を求められることが多いため、お店に持ち込む場合は身分証明書を持参しておく方が良いです。

 

◇パソコンファームの場合

パソコンファーム」では、ビデオデッキの回収について「年式、大きさは問いません」。

 

しかし、再利用が困難なものやビデオテープは不可となっています。

 

持込以外にも梱包回収があるので、処分に困ったときはパソコンファームをご利用ください。

 

■まとめ

ビデオデッキを処分する際のポイントは、「最低でも無料回収」と「お金に換えたいかどうか?」です。

 

1円でも良いのでお金に換えたいなら買取やオークションなどを検討するのがおすすめです。

 

もし、ビデオデッキを売ることができないなら、パソコンファームにぜひご依頼ください。

 

パソコンファームでの回収方法は下記のリンクをご確認下さい。

https://pc-farm.co.jp/howto/